2015年09月21日

Vショー出店情報&「この戦場は南方」イベント協力情報

直前になってしまいましたが、21日開催のビクトリーショーに今回も出店します。
場所は4階のD44になります。
ビクトリーショーの詳細はこちらから。

今回も撮影用に集めた資料、軍装品の放出、DVD販売をします。
また、好評なので撮影用に作った軍装品をある程度量産して持っていきます。
ツイッターでも紹介していますが、竹の会製作の主な軍装品を紹介します。


日本陸軍の水筒の蓋。水筒口栓です。一個500円。
昭五式水筒登場時は旧型水筒と同型でしたが、後から改良型が登場し切り替わっていきます。
改良型登場の少し前の過度期に支給されていたのがこの針金タイプです。よく出回っているレプリカは昭和16年頃から登場する木栓しかないため、支那事変中である16年以前の時期の映像作品で使用するのに必要でした。支那事変初期の再現に利用したいというリクエストがあったので量産しています。

実物と並べてみました。実物と同寸のコルク栓や蓋が現在では手に入らないため代用の部品で再現しています。雰囲気を出す飾り程度に思ってください。
昭五式水筒、九九式水筒は製造元によって若干口の作りが異なるため、このサイズだとキツい事もありますがサンドペーパーなどで軽く削れますので調整して好みに合わせてご利用ください。


日本軍の対戦車兵器の一つ、九九式破甲爆雷。一個8000円。
いずれ作品で登場させたいと思い試作を続けています。
吸着面に磁石を仕込んでいるので金属面に張り付きます。本体は木製ですが、磁石部分は金属などを使用すると危険なのと専用の嚢を傷つけていくため、スポンジゴムを使用しています。新型は信管が取り外せるようになっています。
先に注文があったため、今回のVショーには持っていきませんがまた需要があれば作ります。






日本陸軍九八式階級章。
各一組
二等兵1500円
一等兵2000円
上等兵2500円
兵長1500円
伍長2000円
軍曹2500円
昭和十三年改正の襟章式階級章です。材質はフェルト製。
九八式の階級章のレプリカを販売している業者が少なかった時に自活しようと思い実物を参考に作り始めたものです。
実物も製造元や材質によって個体差がありますが、竹の会製も参考にしている実物によって若干(数ミリですが)仕様が変わっています。
撮影で使い潰してしまうことを考慮して安価な作りにしています。


日本陸軍の職種を表す臂章です。300円〜600円。
電信、薬剤官、砲台監守下士、電工
縫工長、火工掛下士、喇叭長(喇叭手)、鍛工長、陸軍監獄長(監守長、監手)
鞍工長、銃工長、上等兵勤務、郵便など。(この写真だと上下左右合ってない置き方です。すみません。)
当時の軍人向けに徽章を製作していた業者の販売品見本品一式を手に入れた事もありそれを参考に製作。
これらは軍人達が私物品として購入し官給品とは別に使用していました。官給品と違い裏から糸で縫いつけ固定していないなど安価な作りになっています。


聖戦石鹸、美乳石鹸。一個300円
戦前〜戦時中に販売されていた実物のラベルを入手したので破れた箇所などを修正しプリント、中には現代品の石鹸が入っています。
戦地にいる兵隊へ送られた慰問品などの再現に利用しようと思い作りました。


日本海軍官職区別章
昭和17年にホームベース型に変わる前の丸型タイプです。現在複製品がほとんど出回っておらず、撮影で使い潰せる安価なものを自活しようという事で製作し始めたのですが、販売用に作って欲しいというリクエストがありましたので複数製作しました。
冬衣用の実物は濃紺絨(ウール生地)なのですが、かなり暗い色なので現代品だと質感共に中々ベストな生地が見つからない事と、生地に予算をかけすぎると高価になってしまいますのでフェルトで製作しています。
紺色のフェルトは実物より明るく、黒色だと光の当たり具合で若干違和感がありますが、そこは今の所我慢しています。
また複製品の冬衣は色が実物より明るいので、合わせても紺色フェルトの明るさも然程不自然には見えないとは思います。
(ということを友人に話したら実物でも使い込んだ服と徽章で色の差は出るはずだと言われましたw)
なので現在は台座に黒フェルト、紺フェルト、黒ウール、紺ウールの4種類で製作中です。
また実物は台座の裏に和紙をあてその上から表の生地を縫いとめていますが、撮影で使い潰すには強度不足が考えられたので現在製作中のタイプは裏から縫いとめた上から紙を貼っています。




現在種類も増やしています。



夏衣用の白色、陸戦隊などが現地で製作し使用していたと言われる青褐色タイプも製作中です。

価格
三等水兵1000円
二等水兵1000円
一等水兵1500円
三等兵曹1500円
二等兵曹2000円
一等兵曹2500円

夏用、陸戦隊用は上記にプラス500円の価格になります。

その他の職種も大体等級と同じくらいの価格で販売します。


余った生地がもったいなかったので陸軍の胸章も少し作りました。
昭和十三年制定、色で各兵科を示すものです。これも臂章と同じく私物タイプを参考にしているので裏からの縫いとめはありません。

陸軍胸章 一個 300円
紺色:輜重 黒色:憲兵

その他にも色々作っています。また通信販売も受け付けますので、もしご希望ありましたらお問い合わせください。
時間があるときに作っているので、希望の品があった場合早めに注文頂けるとありがたいです。



※イベント協力情報
WW2日米戦サバゲ「この戦場は、南方」
11月15日開催のイベントに協力します!
Vショーにて参加申し込みコーナーを設けます。
詳細はブログにて!!





同じカテゴリー(イベント出展情報)の記事画像
7/23Vショー83出店&第二回「この戦場は南方」
イベント出店情報
コミックマーケット91出店情報
夏の出展&出店情報&DVD「陸軍教練の参考」「孤島の誓い」発売!
7/18Vショー出店のお知らせ!&「続・幻の太平洋戦線 ボリボラレ島攻防戦」参加記録
最近の活動報告
同じカテゴリー(イベント出展情報)の記事
 7/23Vショー83出店&第二回「この戦場は南方」 (2017-07-22 05:37)
 イベント出店情報 (2017-04-23 19:43)
 コミックマーケット91出店情報 (2016-12-29 00:17)
 夏の出展&出店情報&DVD「陸軍教練の参考」「孤島の誓い」発売! (2016-08-07 02:24)
 7/18Vショー出店のお知らせ!&「続・幻の太平洋戦線 ボリボラレ島攻防戦」参加記録 (2016-07-13 12:44)
 最近の活動報告 (2016-05-12 00:58)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。